Wikia

ロード・オブ・ザ・リング Wiki

二つの塔

トーク0
30 件の記事が
このウィキにあります

二つの塔』 (ふたつのとう 原題:テンプレート:Lang) はJ・R・R・トールキンの代表作『指輪物語』の第二部の表題。1954年11月11日英国で出版された。

第二部『二つの塔』は『指輪物語』の第三巻と第四巻からなる。六巻構成で出版されるときには第三巻にテンプレート:Lang(『アイゼンガルドの反逆』)、第四巻にテンプレート:Lang(『モルドールへの旅』)と表題がつけられることがある。邦訳では表題はなく、単に『二つの塔』上と『二つの塔』下となっている。

表題 編集

第二部の表題は締め切りの迫る中でつけられたものであり、トールキンは後に表題に不満足であること表明している。トールキンは複数の書簡や一つのスケッチで塔の組み合わせについて様々な可能性を考慮しており、ミナス・ティリスバラド=ドゥーアという組み合わせや、組み合わせを曖昧なまま残しておくことも考えていた。しかし、トールキンは最終的にはオルサンクミナス・モルグルの組み合わせに落ち着き、『旅の仲間』の巻末にも注釈を加えている。トールキンは本の表紙のためにこれら二つの塔が現れるイラストも描いたが、出版社は出版にかかる費用を抑えるためにこれを使用しなかった。

構成 編集

『二つの塔』は長編の真ん中を構成する作品であり、独立した小説ではないため、その構成は普通の小説とは異なっている。物語には導入部がなく、登場人物や主要な物語の要素について説明を加えることなく突然に始まっており、最後は満足させる結末なしに突然に終わっている。前半部分は指輪の仲間が離ればなれになった後のそれぞれの旅路を描いているが、全員の運命を担う最も重要な人物については全く触れていない。これによって登場人物が感じる不安と不確実さを読者も共有することになる。後半は世界を脅かす邪悪を滅ぼすための主人公の旅を描いている。前半部分が壮大な叙事詩的な戦いを描いているのに対して、後半部分で描かれる戦いは主に心理的な葛藤である。

内容 編集

テンプレート:ネタバレ

第三巻: アイゼンガルドの反逆 編集

ホビットメリーピピンはかれらを捕まえていたオークから逃れ、木に似た巨人であるエントに出会う。エントは森の守人であり外部と関わることはほとんどなかったが、魔法使いサルマンによって木々が脅かされていることを知り、サルマンに敵対することとなる。

アラゴルンドワーフギムリエルフレゴラスはメリーとピピンを追い、モリアの坑道で命を落としたと思われていた魔法使いの友、ガンダルフに出会う。ガンダルフは奈落に落ちた後の出来事、バルログとの死闘と復活を語る。四人はエドラスへ行き、ローハンセオデンに危険を知らせる。かれらはヘルム峡谷角笛城にこもり、サルマンが派遣したオークと人間の猛攻撃に抵抗し、その後、アイゼンガルドにあるサルマンの本拠地に向かう。

アイゼンガルドでアラゴルンらはメリーとピピンと合流し、オルサンクがエントに包囲されていることを知る。サルマンに悔い改める機会を一度与えた後、ガンダルフはサルマンを賢者団から追放した。蛇の舌はガンダルフらに向かって何かを投げつける。これはパランティーリの一つであった。ピピンは好奇心に耐えきれずパランティーアを覗き、サウロンと遭遇してしまう。ガンダルフとピピンは迫り来る戦に備えてミナス・ティリスへ向かう。

第四巻: モルドールへの旅 編集

フロドサム一つの指輪を破壊するために滅びの山へ向かうかれらの後をゴクリがつけていることを知る。ゴクリは指輪を取り戻そうと狙っていた。サムはゴクリを嫌い信用していなかったが、フロドはゴクリを哀れに思う。ゴクリは二人をモルドールの秘密の入り口まで案内することを約束し、しばらくは信頼できる仲間のように振る舞う。しかし最後には二人を巨大な蜘蛛に似た怪物であるシェロブの巣へと導き、フロドはシェロブに噛まれて毒に冒されてしまう。サムはかわりに任務を完遂することを決意し、指輪をとる。しかし、オークがフロドの体を持ち去ったとき、サムはかれらについて行き、フロドは死んでおらず意識を失っているだけであること、そして今やオークに囚われの身になってしまったことを知る。

映像化 編集

『二つの塔』の出来事の一部はラルフ・バクシによる1978年アニメ映画『指輪物語』やピーター・ジャクソンによる2002年の映画『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』で描かれている。どちらの映画も原作の構成を放棄して出来事を時系列に語っている。ジャクソンの映画では本の最初の章は前作『ロード・オブ・ザ・リング』(旅の仲間)の最後に描かれていた。また最後に近い部分の出来事は『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』の冒頭で描かれた。

ウィキアネットワーク

おまかせウィキ