Wikia

ロード・オブ・ザ・リング Wiki

シルマリルの物語

トーク0
30 件の記事が
このウィキにあります

シルマリルの物語』(シルマリルのものがたり、原題:The Silmarillion)は、J・R・R・トールキンの作品集である。『シルマリリオン』あるいは『シルマリルリオン』とも表される。

指輪物語』『ホビットの冒険』の舞台となった世界の神話として、両作品に先だって構想・執筆されたが未完に終わり、作者の死後、息子クリストファ・トールキンの編集を経て1977年に出版された。

『指輪物語』『ホビットの冒険』で断片的に現れる英雄や神々の物語が詳細に記述されており、中つ国を含む作品世界へより深く没入させる内容となっている。

作品は以下の五部からなる。

  1. アイヌリンダレ(Ainulindalë) - 創世神話
  2. ヴァラクウェンタ(Valaquenta) - 神々の物語
  3. クウェンタ・シルマリルリオン(Quenta Silmarillion) - 大宝玉シルマリルを巡るエルフたちの物語
  4. アカルラベース(Akallabêth) - 第二紀の物語
  5. 力の指輪と第三紀のこと(Of the Rings of Power and The Third Age)

また遺稿集として他に『終わらざりし物語』、『The History of Middle-earth』シリーズがある。

翻訳 編集

日本語には、1982年に田中明子の訳で評論社から上下二分冊にて刊行された。のちにこれを一巻にまとめ、改訳された新版が同社から出ている。

2006年現在入手可能な文献

  • 新版『シルマリルの物語』 田中明子訳 評論社 2003年 ISBN 4-566-02377-X

関連項目編集

No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

アラウンド・ウィキアネットワーク

おまかせウィキア